イロイロ・・・


by bairasxx
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

麺や 庄の

東京都新宿区市谷田町1丁目3 クレセント ビル 1Fの

麺や 庄の(めんやしょうの )」へ行ってきました☆ミ
f0319323_20421108.jpg

JR市ヶ谷駅から徒歩約4分。

10:57着。

一番乗りでした⭐

店内では、ミーティングが行われている様子。

声出し?の練習もされているようで、威勢のいい声が聞こえてきます。

店頭メニュー(一部)↓
f0319323_20421583.jpg

“つけめん”を食べる、というのは決まってたんですが、定番メニューのつけめんにするか、今月の創作麺にするか、迷います💦

創作麺も2種類。

「鰹の冷汁つけめん」と「うなとろ重」。

、、、

かなり迷って、

今月の創作麺「鰹の冷汁つけめん」に決めました!

店内にある券売機で券を購入し、店員の方に渡します。

店内カウンター席のみ、一番奥に着席。

待っている間、“鰹の冷汁つけめんの食べ方”を読んでおいてください、と渡されました。
f0319323_20421799.jpg



今回の創作『鰹の冷汁つけめん』は、
宮崎県の郷土料理《冷や汁》を分解し、
つけ麺スタイルに、再構築いたしました。


本来のスープは味噌味ですが、
今回は鶏と鰹のお出汁に生姜を効かせた
塩味でのご提供です。
別に添えた味噌餡を溶かしながらお召し上がりください。
 

また、煮干のお出汁を冷やし、
氷としてトッピングしましたので、
こちらも徐々に合わせてお召し上がりくださいませ。




期待度が高まりますね😄

しばらくすると、運ばれてきました!

今月の創作麺『鰹の冷汁つけめん』(990円)
f0319323_20422032.jpg
 
豪華!

素晴らしい盛りつけを暫し眺めます。
f0319323_20422397.jpg

早速、先に案内があった食べ方のとおり、いただきます。





一、瞬間燻製を施した鰹を麺と絡めて食す
たくさんの具の下に隠れている太麺を引っ張り出して、

鰹と一緒に頬張ります。

“鰹”は、つけ麺の具材として位置づけすれば、

クオリティが高い!

麺はもっちりとした私好みのものでした♪

一、白味噌案を麺や具材と絡めてつけて食す
大根おろしの上に添えられているのが、白味噌餡。

添える前に、スープを一口。

器ともによく冷えているスープで、

濃厚でありながら、すっきりとした味わいでとても美味しい。

これに白味噌餡を少しずつ加えて味を調整。

まろやかになり、さらに美味。

一、エディブルフラワー、大根おろしをスープに加えて食す
個人的に・・・

赤か黄色のお花がよかったな(笑)

食べる花、エディブルフラワーがあると華やかですね◎

食べるとちょっと苦みを感じます。

大根おろしは粗削りのもので、きゅうりなど細かく刻まれた野菜も入っていて、

存在感があります。脇役が名脇役になっているところがいいですね!

一、後半、ライムを麺に絞って食す
ライムを絞ると爽やかな香りに包まれ、

その酸味にさらに食欲UP。

一、お腹に余裕のある方は『焼き握り※無料』を注文し、スープに入れて食す
f0319323_20422437.jpg


もちろん、注文します(笑)

湯気が立ち上るほど、アツアツの焼き握りが登場。
f0319323_20422699.jpg

それを残ったスープに入れて、

ほどよく形を崩して、スプーンで頂きます。

ちょっと濃いかな?と思ったので、

出汁氷を入れて調整。

アツアツの焼き握りはすぐに冷たくなりますけど、

こんがりと焼き上げられた部分の食感が、

スープとの相性もよく、感動ものでした!


このつけ麺、

まるで遊園地のようで、次々と楽しませてくれて、

本当に大満足でした。

大変美味しゅうございました!

ごちそうさまでした☆
[PR]
by bairasxx | 2015-07-20 21:44 | グルメ